賠償が高額に

賠償が高額に

管理人 No Comments

人身事故で加害者となった場合は3つの責任を負う義務があります。一つ目は刑罰が下される刑事処分です。2つ目は運転免許に関しての行政処分があります。そして3つ目は損害賠償を支払う民事処分です。加害者は自動車損害賠償保障法に基づいて、損害賠償や被害者の精神的苦痛への慰謝料を支払う義務が存在します。

人身事故は人の生命にかかわる事故なので、物損事故よりも賠償金額が高額になります。そのときのケガにかかわる入院費や治療費だけでなく、被害者が入院することによって仕事に行けなくなった場合は、その休業の保障も必要ですし、相手の車への保障もしなければなりません。最悪死亡や後遺障害を遺すようなことがあれば、損害賠償金もかなりの高額になります。そのすべてを任意保険に加入していたら交渉まで担ってくれますが、保険に未加入ですと、自賠責以外は自分で賄う必要があります。このように保険に入っていないと、満足な保障を行えないばかりか、自分の時間を取られるばかりで、もしも自分が入院しなくてはいけない時に、家族にも迷惑がかかり、満足な治療もできません。

人身事故を起こした場合は、任意保険に加入していることによって初めて満足な対応ができることといえます。わたしたちの身近な存在の交通事故は、いつ自分の身に降りかかってもいいように、常に満足できる保障内容の保険に加入しておくことは必然といえます。

何かと安心

管理人 No Comments

警察が到着し、事故の処理が終わると保険会社に連絡します。病院へ行くことやその車の処理などを相談し、今後の対応をアドバイスしてもらいます。任意保険に加入していると、このようなサポートを受けておくことが出来ます。これは大きな魅力です。

もしも自身が被害者で、加害者側が任意保険に加入していない場合は十分な保障を受けることが出来ないかもしれません。万一、後遺症が残るようなことがあっては保険会社の保障がないと満足な生活が送れない可能性があります。自賠責保険だけでは被害者に十分な保障が満たされません。加害者側が任意保険に加入していないと、恐らくは生活的に十分な資産を持ち合わせていないことが考えられ、最悪の場合、破産などをされるかもしれません。そうならないためにも、被害者が十分な保障がない場合の保険をかけておくと安心することができます。このような場合でも自身の自動車保険で特約などに付加されているので、自身の保険をもう一度見直すことが大切です。

また、示談でもめないためにも、弁護士特約があれば、事故解決まで弁護士費用を全額保険会社が負担してくれます。この利点は自身が示談に参加せず、心身の疲労を伴うことなく、普段の生活を送れることにあります。そのためにも自動車保険はいかに重要かがみてとれます。

初期対応

管理人 No Comments

交通事故を起こしてしまうと、物損事故や人身事故のどちらでも、頭が真っ白になってパニックになることがあります。普段からどれだけ気をつけていても、人はいざというときにはすぐに行動できないものです。しかし、事故の初期対応を知っておくだけでも、その後の対応に差がでます。

まず、交通事故を起こした場合は、どちらが被害者か加害者であっても、ケガ人の確認と救助をしなければなりません。特に交通量が多い場所で事故が起きてしまうと、後続車を巻き込んだニ次災害になる恐れがあります。自分のケガも含めて、相手や搭乗者のケガの具合を確認し、車の移動が必要なら、速やかに路肩などの安全な場所に移動することで二次災害を防げます。人身事故では、事故後に軽い興奮状態となっていることが多く、痛みに鈍感になっているケースが多々ありますので必要なら救急車を要請したほうがいいでしょう。

また、警察へ報告し、警察が到着するまでには少し時間がかかるので、周囲の状況をメモするなどしておくことが重要です。信号や停止線、スピードなどは後で記憶が新しい内にメモをとるようにしましょう。お互いの身元の確認や周囲に目撃者がいないかを調べておくことも大切です。第三者の証言は警察にとっても信頼が得やすいものです。さらに、保険会社に連絡しておけば、今後のアドバイスを受けられます。ここでもしも保険会社に加入していないと、今後の交渉も全て自分でやらなくてはいけませんので、精神的にかなり不安になります。この段階で保険会社の重要性がうかがえます。

人身事故には保険が重要

管理人 No Comments

交通事故は減少してきているとはいえ、一向になくなる気配をみせません。ちょっとした不注意が招く事故が多いなか、近年はスマートフォンを使用中の事故も増えています。スマホは従来の携帯電話と違い、情報量が多いために運転中のドライバーの不注意を大いに促してしまいます。もしも交通事故を起こしてしまった場合は、多額の賠償金を請求される恐れがありますので、安全運転はもちろんですが、転ばぬ先の杖の保険をかけておく必要が高いといえるでしょう。

自動車には自賠責保険があるので、任意保険は必要ないと考えている人が少なくありません。しかしながら、物損事故には自賠責は適用されませんし、人身事故にも自賠責には最低限の保障しかありません。安心して運転するには万が一の保障を備えておくことが重要でしょう。何より自分だけではなく、家族にまで影響が出てしまうのが交通事故の恐ろしさともいえます。ここでは交通事故(とりわけ人身事故)を起こしてしまった場合に、いかに保険が大切であるかをご紹介していきます。

交通事故には物に損害を場合の物損事故、人を死傷させた場合の人身事故の2種類に分かれています。特にニュースなどで取り上げられている事故はほとんどが人身事故といえます。人身事故というのは、被害者はもちろんのこと、加害者も非常に大きく肉体的・精神的な負担が高いといえます。当然ながら軽傷で済む場合もあります。しかし、重傷・後遺症が残るような障害や最悪の場合は相手や同乗者を死亡させてしまうことがあります。