交通事故を起こしてしまうと、物損事故や人身事故のどちらでも、頭が真っ白になってパニックになることがあります。普段からどれだけ気をつけていても、人はいざというときにはすぐに行動できないものです。しかし、事故の初期対応を知っておくだけでも、その後の対応に差がでます。

まず、交通事故を起こした場合は、どちらが被害者か加害者であっても、ケガ人の確認と救助をしなければなりません。特に交通量が多い場所で事故が起きてしまうと、後続車を巻き込んだニ次災害になる恐れがあります。自分のケガも含めて、相手や搭乗者のケガの具合を確認し、車の移動が必要なら、速やかに路肩などの安全な場所に移動することで二次災害を防げます。人身事故では、事故後に軽い興奮状態となっていることが多く、痛みに鈍感になっているケースが多々ありますので必要なら救急車を要請したほうがいいでしょう。

また、警察へ報告し、警察が到着するまでには少し時間がかかるので、周囲の状況をメモするなどしておくことが重要です。信号や停止線、スピードなどは後で記憶が新しい内にメモをとるようにしましょう。お互いの身元の確認や周囲に目撃者がいないかを調べておくことも大切です。第三者の証言は警察にとっても信頼が得やすいものです。さらに、保険会社に連絡しておけば、今後のアドバイスを受けられます。ここでもしも保険会社に加入していないと、今後の交渉も全て自分でやらなくてはいけませんので、精神的にかなり不安になります。この段階で保険会社の重要性がうかがえます。

Comments are closed.