警察が到着し、事故の処理が終わると保険会社に連絡します。病院へ行くことやその車の処理などを相談し、今後の対応をアドバイスしてもらいます。任意保険に加入していると、このようなサポートを受けておくことが出来ます。これは大きな魅力です。

もしも自身が被害者で、加害者側が任意保険に加入していない場合は十分な保障を受けることが出来ないかもしれません。万一、後遺症が残るようなことがあっては保険会社の保障がないと満足な生活が送れない可能性があります。自賠責保険だけでは被害者に十分な保障が満たされません。加害者側が任意保険に加入していないと、恐らくは生活的に十分な資産を持ち合わせていないことが考えられ、最悪の場合、破産などをされるかもしれません。そうならないためにも、被害者が十分な保障がない場合の保険をかけておくと安心することができます。このような場合でも自身の自動車保険で特約などに付加されているので、自身の保険をもう一度見直すことが大切です。

また、示談でもめないためにも、弁護士特約があれば、事故解決まで弁護士費用を全額保険会社が負担してくれます。この利点は自身が示談に参加せず、心身の疲労を伴うことなく、普段の生活を送れることにあります。そのためにも自動車保険はいかに重要かがみてとれます。

Comments are closed.