人身事故で加害者となった場合は3つの責任を負う義務があります。一つ目は刑罰が下される刑事処分です。2つ目は運転免許に関しての行政処分があります。そして3つ目は損害賠償を支払う民事処分です。加害者は自動車損害賠償保障法に基づいて、損害賠償や被害者の精神的苦痛への慰謝料を支払う義務が存在します。

人身事故は人の生命にかかわる事故なので、物損事故よりも賠償金額が高額になります。そのときのケガにかかわる入院費や治療費だけでなく、被害者が入院することによって仕事に行けなくなった場合は、その休業の保障も必要ですし、相手の車への保障もしなければなりません。最悪死亡や後遺障害を遺すようなことがあれば、損害賠償金もかなりの高額になります。そのすべてを任意保険に加入していたら交渉まで担ってくれますが、保険に未加入ですと、自賠責以外は自分で賄う必要があります。このように保険に入っていないと、満足な保障を行えないばかりか、自分の時間を取られるばかりで、もしも自分が入院しなくてはいけない時に、家族にも迷惑がかかり、満足な治療もできません。

人身事故を起こした場合は、任意保険に加入していることによって初めて満足な対応ができることといえます。わたしたちの身近な存在の交通事故は、いつ自分の身に降りかかってもいいように、常に満足できる保障内容の保険に加入しておくことは必然といえます。

Comments are closed.